うつ病対策に

様々な種類が

カウンセリング

うつ病の症状は人により様々であり、その種類は多岐にわたるので見分けが難しいケースもあります。 その中でもうつ病の人に多くありがちなのが、感情の起伏が挙げられます。特に気になるような場面でもないのにもかかわらず、怒り出したり泣き出したりなどが挙げられます。また調子のいい時と悪い時の感情のコントロールがなかなかできなかったりなどの傾向がみられるのも、うつ病の種類の一つとされます。 うつ病を患っている人の多くは自身がうつ病であることを自覚するのが遅れてしまっている場合もあるので、一番は身近にいる人がサポートしてあげるなどの助け舟が必要です。 しっかりと向き合って話するということもよいですが、きちんとした言葉を選ばないとかえって悪化させる恐れがあるので注意が必要です。

何よりもカウンセリングを

うつ病の種類は多岐にわたり、またパートナーのサポートでは難しい場合もあります。そういった場合には心療内科に相談してみてそれから考えてみてもよいかもしれません。ここ最近の心療内科の多くは個人個人にあったカウンセリングを行い、人に応じた治療などを行うので良いといえます。うつ病の種類によっては投薬もありますが、回復してくればそれもなくなり、また社会復帰もすることも可能です。 うつ病は体の自律神経が安定しないケースもあります。そういった場合にはきちんとした知識を持った整体、整骨の施術を受けて自律神経の流れを安定させることが必要です。自律神経の乱れは体に大きく影響を及ぼし、また気づきにくいので早め早めの対処が大切です。

身体症状が表れるうつ病

うつ病の種類として増えてきているのが、仮面うつという種類があります。病名通り、うつ病の症状が仮面のように覆い隠されているので、症状がわかりにくいというのが特徴です。仮面うつの症状としては、お腹が痛い、頭痛がするといった身体症状が表れるのが特徴です。しかし、内科を受診したり、精密検査を受けても内科的な異常が見当たらない、治療が一向に進みません。よって、精神科にたどり着くまでに、非常に時間がかかるケースもあります。精神科医で自身の症状を話しているうちに仮面うつと診断されます。しかし、精神科医との問診でも頭痛がでる、吐き気がするといった身体的症状が中心になり、仮面うつと診断されないケースもあります。

仮面うつの治療方法

仮面うつも、メランコリー親和型等他のうつ病の種類と同様にうつ病です。仮面型うつと診断された場合の治療方法は、他のうつ病の種類と同様に、休息、薬物療法、精神療法が挙げられます。仮面うつは、症状として、身体症状がまず表面にでますが、病気の根本は、他のうつ病と同じです。薬物療法も、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬等が処方されるます。仮面うつ病では、頭痛、下痢等の身体症状が表れるので、その症状に応じた処方薬も処方されます。仮面うつでは、うつ病の根本原因は他のうつ病と同じなので、認知行動療法等によって、自身の物の見方の歪みや偏見を変えていく事による精神療法は有効な場合もあります。仮面うつという病気は、うつ病の一種だとしっかり受け止めていく事が重要な事です。