新型うつ病の特徴

会社でうつ的になる症状

笑う女性

近年、新入社員を中心に新型うつという種類のうつ病にかかる人がいます。このうつ病の特徴として、休日や会社が終わってから自宅にいる時は、うつ症状はでないが、会社で仕事をしている時は、うつ症状がでて、意欲がでない、気力がわかないといった症状がでる点が特徴です。会社にいる時、前向きにならないという点から、会社の周りの目は冷たくなります。甘えているだけ、さぼっているのではという誤解を与えます。それが、本人を傷つける事にもなります。このように従来型のうつ病の種類と症状も異なります。種類としても、メランコリー親和型うつ病と区別するため、新型うつ病として区別されています。治療法等も従来型うつ病とは、違った治療法が必要になります。

新型うつ病の治療法等

新型うつ病という種類のうつ病は、他人の目を気にする性格があると言われています。20歳〜30歳に症状がでる人が多く、子供の時、親からは「いい子」と言われたいという生活環境に育った事も一つの原因と考えられます。また。新型うつ病の特徴は、自分の失敗等を他人のせいにする、環境が悪いと自分以外のせいにする傾向が強いと言えます。新型うつ病の治療方法は、その症状から、毎日会社に行く習慣を徹底する事が重要です。会社で嫌な事があっても、逃げ出さず、その事実に向き合っていくという姿勢を身につける事が治療となります。また、患者には昼夜逆転をしている事も多いので、朝決まった時間の起き、決まった時間に寝るといった生活習慣の改善が治療として重要になります。