種類は色々とある

うつ病の種類は色々とある

相談する男性

うつ病の種類は様々ありますが、症状として致命的なのは、頭が回らなくなる場合です。これは社会生活上の問題に発展しかねません。受験生や学生であれば、頭が回らなくなることで、勉強がうまく捗らなくなりますし、頭をメインに使う仕事をしていれば、パフォーマンスの大幅な低下は避けられません。 記憶力や暗算能力が低下すれば、日常生活にも支障をきたします。 そうなると、自尊感情の低下に加えて、自責念慮というものが出てきます。自分は価値がないだの、自分が迷惑をかけているだのという考えです。 うつ病の種類は様々ありますが、これはどの種類のものにも共通する症状です。 そのような症状が進行することで、様々な悪循環へと陥る危険性があります。

最悪は死に至る病です

うつ病の悪循環、これは甘く見てはいけません。癌などのように、内臓を蝕んでいく病気とは違いますが、精神系の病でも、特に自尊感情の低下や自責念慮を伴ううつ病は、生きる意味を奪ってしまうという意味で深刻な病なのです。 うつ病は進行すること、または長引くことで、最悪は死に至る病です。 リストカットなどの自傷癖に加えて、ある日突然魔が差して、そのまま自殺してしまう人もいます。恐ろしいのは、このような状態が、その人の中で慢性化しているような場合です。 その場合、もはやうつ病だから等と悠長なことを言っていられなくなります。すぐに入院をして、適切かつ効果的な治療を施しながら、常に誰かに見張られる必要があると言えるでしょう。 うつ病の種類は様々ありますが、最悪は死に至る病であるという認識を忘れてはならないでしょう。